スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督論2~あなたはどんな監督がいい監督?~

「現在の・将来のトリニータを取り巻く環境に何が必要か」を大テーマに、前回に引き続き今回も「テーマ①監督論2」を展開していきたいと思います。

前回の監督論1ではシャムスカ現監督のことについてふれました。今回はタイトルにあるように~あなたはどんな監督がいい監督だと思いますか?~に自問自答するように私の監督論を書いていきたいと思います。

いい監督という定義はとても難しいものです。なぜなら、個人のサッカー観によっても様々ですし「誰から見ていい監督か?」という視点によっても様々だからです。

例えば、選手から観ていい監督とはどんな監督でしょう?自分を成長させてくれる監督。とにかく試合に使ってくれる監督。などあるでしょうが、試合に出てなんぼのプロ選手ならばやはり試合に使ってくれる監督でしょうか。

フロントから観てはどうでしょうか?とにかく勝たせる監督。選手を育てる監督。フロントの考えを受け入れ妥協してくれる監督などでしょうか。

サポーターから観ては?勝たせる監督。エキサイティングなサッカーを展開する監督などでしょうか。

現在の私が考えるいい監督の定義は「トレーニングによって選手を鍛え、個のレベルの向上をさせるとともに、多くの人に喜んでもらえるような面白いサッカーを選手たち自身が展開することをサポートする監督」といったところになります。

また定義にはありませんが、根底には「勝負に執拗に執着しない」という考えがあります。「勝負に執着しない」というと、プロが勝たなくていいのかとか、J2に落ちたらどうするんだといった声が聞こえてきそうですが、あくまでも個人的な意見だと思ってください。ただこのことは、「現在の・将来のトリニータを取り巻く環境に何が必要か」という大テーマを考えていく上での核となってくる価値観なので覚えておいて下さい。踏み込んだことは、次回の「テーマ②勝負の価値観」で綴っていきたいと思います。

さて、監督論に戻りますが、やはり監督の仕事は「トレーニングがすべて」だと思います。
トレーニングで鍛えているかどうかが実際のピッチで現れます。後半に足が止まるには、足が止まるようなトレーニングしかしていないということ。面白いサッカーができないということは面白いトレーニングをしていないということ。試合の途中で選手がベンチの判断を待つような状況が起こるということは、トレーニングで選手に自ら考え判断する力を植え付けていないということです。

「トレーニングはゲームの鏡」。トレーニングを観れば、おのずと試合がみえてきます。

2006シーズンの春、ホームでの対ジェフ千葉戦の前日、仕事を休んで大分市営陸上競技場にジェフのトレーニングを観に行きました。当時のジェフの監督は皆さんご存知のオシムさんです。オシムのトレーニングはすごい!と聞いていたのでぜひとも一度、観に行きたいと思っていました。しかも大分で観ることのできるチャンスだと思って足を運びました。

選手が次々とピッチに出てきた最後にオシムさんが出てきました。「でかい!」迫力がありました。
選手を集めた後、通訳を通じたオシムさんの話に耳を傾けると「今日の練習がそのまま明日の試合に出るぞ」といった内容の一言だけでした。
簡単なWーUPの後、真ん中にいるコーチにボールが入れば1点といったセンターサークルを使ったポゼッションが行われました。
次に、ポゼッションをしながらライン突破のトレーニング。周りを選手が走りながらサポートするといった
ものでしたが、初めての練習だったため、選手も戸惑っていました。通訳も訳がわからないようで、オシムさんは途中で怒り出し、通訳はグラウンドの端に一人ポツリと追いやられたようでした。
それでも選手は訳がわからないままハードに動いていました。
その後、GKを入れての8対8のゲームが行われました。攻守の切り替えが素早くボールを持った側は必ずといっていいほどシュートまで行っていました。
オシムさんの終わりの合図があり、ゲームが終わると倒れ込んでいる選手も何人もいました。

初めての練習あり。倒れ込む選手あり。しかも試合前。想定する相手などなし。

正味一時間のトレーニングでしたが、私は衝撃を受けました。
「鍛える」とはこういうことなのか・・・
翌日の試合はオシムさんの言った通り、3-0でジェフの快勝でトリニータはなすすべもありませんでした。

その後、オシムさんは日本代表監督になりました。
志半ばで、病に倒れ辞任し日本を去りましたが、オシムさんが日本に残した功績は計り知れないものがあった思います。叶うことなら、オシムジャパンのワールドカップでの闘いを観てみたかったなあというのが偽らざる心境です。

ということで、私の考えるいい監督像の一番手はオシム監督です。シャムスカ監督の三年契約満了の後には、オシムさんにオファーをと原強化部長にもお願いしたぐらいです。とにかく当たり前でしょうが、トレーニングで鍛える監督観るべき価値のあるトレーニングをし、観るべき価値のあるゲームを展開しようとする監督がいいです。











私にとっては、オシム監督と故文正植(初代大分トリニティ監督)はだぶります。

共通項は①65歳以上の老齢だということ 
      ②走ることを重視したこと 
      ③負けず嫌いで怖かったこと  
      ④言葉の言外に深い意味があったこと  です。

もしもオシム監督と文監督が同席して、トリニータの試合を観戦に来たとしたら、

きっと二人ともひと言こういうでしょう。

「走らないねー」

皆さんはどう思いますか?    
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

団結力!

9連敗中・・・、まさに泥沼。
こういうときは、色んな方法論や戦術論など考えるものだが、
サッカーの原点に立ち返らなければ、どんなに良い方法論や戦術論も水の泡になってしまうと思う。

チームメイトを信じ、監督・コーチ、フロントスタッフ、県民の皆さんを信じ、一致団結し闘う事が全てだと思う。色んな思考が働くと思うが、上記の土台が無ければいくら技術戦術に優れた選手を補強しても一緒だと思う。

下を向いても何もない!

とにかくトリニータに関わる全員が選手達と共に前に進む気持ちを持って頑張って下さい。

・・・えらそうに初めてコメントしました。

OBの皆さん!会長・・が頑張ってますので、何でも情報やコメント打ちこんで行きましょう!

応援します(^0^)/

私は九州出身の千葉のものですm(._.)mたまたまこのサイトを見て元気をもらいました(^0^)/一からのスタートでOBの方々が頑張ってここまで来た事...絶対勝って欲しい!私は幼なじみがサッカー大好きでその影響でサッカー大好きですo(^-^)o海外選手が来たらよく見に行きました!7年前から体調が悪く4年前ショクな出来事があり病院に通っています!でも応援する楽しみができました(^0^)/OBの皆様も怪我をせずサッカー頑張って下さいm(._.)m機会があれば見てみたいです(^0^)/身体に気をつけてね。てるみ
プロフィール

じろうかく

Author:じろうかく
ようこそOB会へ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

寄付金募集中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。